コンテンツへスキップ

Jetpack の見えなくなった機能を有効にする


新しくサイトをつくろうと思って Jetpack の「ウィジェット表示管理」を使おうと思ったら設定するところがない。

widget-visibility本来ならウィジェットごとに表示される [ 公開状態 ] のボタンがあるはずなんだけれど、設定画面もスッキリしすぎているし、以前あった項目もいくつか見当たらない。

しかし、設置項目はなくても以前設置(同バージョン)した別サイトではこの設定ちゃんと表示されるし、機能も生きている。

設定

どうやら、この機能を有効にするには

jetpack-setting

Jetpack の設定画面の一番下にある [ Debug ] をクリックし

jetpack setting

Jetpack > Debug > お使いのサイトで使用可能な Jetpack モジュールの全一覧にアクセスします。

からアクセスするらしい。

あった。

widget-module

有効化して終了。

Jetpack たまにアップデートしてるけれど、あんまり設定画面見ないもんなぁ。


追記
「ウィジェット表示管理」はデフォルトで ON になっているみたいだけれど、以前、旧バージョンのJetpack をインストールしたときに設定画面で OFF にしていたみたい。

でも、全部はじめから見られる方がいいよな。

 

 

 

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。