コンテンツへスキップ

Tiny Forge-Theme Preview本業である整体屋の店舗サイトに使っていたWordPress の基本テーマ Twenty Eleven。 シンプルで好きなテーマなのですがレスポンシブに「かろうじて対応してます」といった感じで今の時代(ウチの場合スマホでのアクセスは約7割)には対応できなくなってきた。
一応、子テーマを作成してカスタマイズしているのですが、モバイル対応は Twenty Eleven 基本そのままなんですね。特にメニューがハンバーガーに対応してないので、トップ画面はメニューが大半を占めてしまう事態に。ハンバーガーは賛否両論ありますけれど(ハンバーガーメニューはゴミだ!!|L'OREM)固定ページが多く、そのほとんどがメニューに入れてあるような店舗サイトはひどいことになります。

そんなわけで Twenty Eleven に近いテーマを色々調べてみたら Tiny Forge というテーマを見つけた。
その前に、有名な無料テーマ

  • STINGER 7
  • micata
  • Simplicity

などは試してみたのだけれど、うちのサイトには多機能すぎて、もっとシンプルなテーマが欲しかったのです。

望むこととしては大まかに分けて3つ。

1:子テーマを作成せずに使いたい

たまにしか触らないくせにテーマいじってしまうと、後でさっぱりわからなくなるんです。このサイトとお店のサイトは3年ぐらいいじってないし。

2:JetPack の機能「CSS 編集」だけで CSS カスタマイズしたい。

カスタマイザーがあるテーマだと「CSS 編集」よりも優先されちゃうんですよね。
これが出来れば STINGER 7 か micata にしてました。

3:ヘッダー画像が一つの画像サイズでPCとモバイルに対応してくれる。

Twenty Eleven のようにモバイル表示のときに小さくなってもいいので、PCと同じ画像を縮小して表示して欲しいのです。
これが今どきあまりありません。まぁ古いデザインなのだろうけれど。
ヘッダー問題が解決すれば多分 Simplicity にしてたんですけど、 Simplicity のヘッダーは納得いくような表示にするには大変でした。

そんな訳でテーマを探すこと数秒で見つけたのが Tiny Forge です。
ダッシュボード > テーマ > 新規追加
で表示されたページにたまたまありました。

ほんとに至ってシンプルで Twenty Eleven のバージョンアップ版みたいです。

とりあえず良かった。

※現在 Tiny Forge は開発終了していて、新しいテーマは Tiny Framework です。

このテーマに必要最低限のプラグインを入れて完成。

  • Akismet
  • Business Calendar
  • Contact Form 7
  • Crazy Bone (狂骨)
  • Google XML Sitemaps
  • IP Geo Block
  • Jetpack by WordPress.com
  • NewStatPress
  • Smart Google Analytics Code
  • WP Dashboard Notes
  • WP Multibyte Patch
  • Standard Widget Extensions

特に SEO を重視していないのでプラグインも少なめです。
(コメントも開放してないから Akismet とか外してもいいかもしれない)

テーマを少しいじらないといけないけれど、投稿別のカスタムヘッダーにも対応してくれている。

このサイト(web-memo)はほとんど自分の備忘録で、スマホで見ることもないんだけれど、 Tiny Forge にしたらプラグインがかなり減らせるから今度移行しよう。

 

2016/06/10 追記

最新版は Tiny Framework になったみたい

このサイトのテーマを変更しようとして調べてみたら、Tiny Forge は開発終了して現在は Tiny Framework に変更になったらしい。
この間に STINGER の最新版 STINGERPLUS も発表されたので一応使ってみたのですが、やはり多機能すぎて Tiny Framework にしました。 Tiny Forge  との違いははデザインに少し変更などがあるみたで、好みで言えば Tiny Forge のほうが好きなのですが、これからバージョンアップもしないテーマを使ってもしかたがないので、今のところはこれで我慢です。

あとはトップページが、リスト表示されれば言うこと無いのですが。

便利な便利な Jetpack。とても便利なんだけど、使わない人は結構いるみたいですね。
僕なんかは、なるべく「他力本願」がモットーなので、難しいことをしなくていいならプラグインで済ましてしまえ、って感じで Jetpack インストールと同時に入れております。

しかし、2015年のいつ頃からか、FaceBook との連携がうまくいかなくなり、共有した記事に本文が全部載ってしまい、大変見づらくなってしまいました。
解決方法としては、そのつどFB側で投稿を編集して長い文章を削除しておりました。
まぁ、かしこい人達が作ってくれているのでそのうち直るだろう・・・。と思っていたんだけどいっこうに改善される気配がないので色々試してみました。

※2016/03/26 現在少し改善されたみたいで『全文』からから『先頭の480文字』に変更になったみたいです。が、やっぱり長い。

改善方法は記事を投稿する前に投稿編集画面の『公開』にある
パブリサイズ共有 > 詳細を編集
ここにあるカスタムメッセージを新しい文章に書き換えるだけです。
カスタムメッセージには、デフォルトで投稿記事のタイトルが入っていますが、それを書き換えるのです。
ここで注意したいのが、削除して空白のままでは、自動的にふたたびタイトルが挿入され、FB側に投稿の先頭480文字が送られてしまうようです。

テストその1(カスタムメッセージ削除)

まずは、ダミー投稿を作成
jpfb_01※ダミーテキストは ダミーテキスト生成 で作成

右側にある『公開』の中にある『詳細を編集』をクリック
jpfb_02

ここにカスタムメッセージという項目があり、デフォルトで投稿タイトルが挿入されています。jpfb_03このカスタムメッセージが、そのままFB側に送られればそれでもいいのですが、ここがタイトルと同じだと、先頭の480文字がまるっと送られてしまいます。

jpfb_04いろんなサイトでここを削除すればOKと書かれていることがあるのですが、僕の環境ではうまく行きませんでした。

こんな感じになります。jpfb_05以前は記事の中のテキストを全部吐き出していた感じだったのですが、今は先頭の480文字が記載されて「続きを読む」リンクがあります。これでも改善されたのかなぁ。
でもやっぱり、長いです。

投稿されたあとに、投稿 > 公開 > パブリサイズ共有:設定 > カスタムメッセージjpfb_06投稿前に削除したはずなのですが、確認してみるとカスタムメッセージの所に投稿タイトルが書き込まれています。(一度投稿されてしまうと変更不可)

テストその2(カスタムメッセージ変更)

ふたたびテストをしてみる。
今度はカスタムメッセージ内の文字を変更してから公開。jpfb_07このカスタムメッセージを削除するのではなく、変更します。
jpfb_08[ テスト投稿2(宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」)]
から
[ テスト投稿2 ]
に変更しました。
多分、投稿タイトルと同じでなければ、一文字違うだけでOKだと思います。jpfb_09投稿したあとのカスタムメッセージを確認してみると、ちゃんと変更されたままでした。

FaceBook 側もちゃんと変更したカスタムメッセージが記載されて、その下に記事のアドレスのリンクが有ります。(パーマリンクが日本語のままでブサイクですね)jpfb_10これでOK。
本当はこんなことしなくても、スッキリ共有して欲しいんですけどね。

<参考>
WordPressのプラグイン「Jetpack」でパブリサイズ共有ができない時の対処法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。