コンテンツへスキップ

エックスサーバーで Jetpack の連携時に403エラーが出た時の対処

JetPack と連携できない。
今までのサイトは簡単に出来たのになぜか連携する時に403というエラーが出てしまう。

エラーの内容はXML-RPC- API 3
====
Jetpack を利用するには、サイトが公開されていて、アクセス制限がかかっていない必要があります: site_inaccessible

エラー詳細: The Jetpack server was unable to communicate with your site [HTTP 403]. Ask your web host if they allow connections from WordPress.com. If you need further assistance, contact Jetpack Support: http://jetpack.me/support/
====

参照サイト
jetpackがWordPressと連携できない403エラー対処法/エックスサーバー

2015年5月14日から追加された「XML-RPC API アクセス制限」機能が問題のようで。

エックスサーバーにも詳細が載ってました。
https://secure.xserver.ne.jp/xinfo/?action_user_newsinfo_detail=on&id=2154

スマートフォンアプリや外部システムから、
リモートで記事の投稿や画像のアップロードを行う際に利用される
「XML-RPC」に対する国外IPアドレスからへの接続を制限します。

ということでエックスサーバにログインして指定のドメインを選択した後

サーバーパネル > ホームページ|WordPressセキュリティ設定XML-RPC- API 2

▼ダッシュボード アクセス制限
▼XML-RPC API アクセス制限

この二つがあるので今回は「▼XML-RPC API アクセス制限」の方だけ一時的にOFFにXML-RPC- API

WordPress のダッシュボードに戻りJetPack の連携をしたらまたONにしておきます。

Jetpack 以外にもGravatar でWordPressの連携をするときなんかでも
https://ja.gravatar.com/profiles/edit#your-links

・・・    を有効にしておく必要があります。
とアナウンスされます。XML-RPC- API 4

連携し終わったら忘れずにONにしておきましょう。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。