コンテンツへスキップ

今回プラグインを利用してバックアップを取るのですが、インストールするプラグインは2つ

1:WP-Optimize(データベースの最適化)
2:UpdraftPlus(バックアップ)

両方共同じ所が作っているみたいなので、プラグインの新規追加画面でいっしょにでてくるかもしれません。

 

1:データベースの最適化

長く使えば、不要なファイルも知らないあいだに増えていしまいます。
まずは WP-Optimize というプラグインでデータベースの最適化。

 

1 -1:WP-Optimize インストール

ダッシュボード - プラグイン > 新規追加 [ WP-Optimize ]

メニューの場所
ダッシュボード - WP-Optimize

 

1 - 2:最適化

有難いことに設定画面は日本語です。

[ Run all selected optimizations ] というボタンがあるので、それを押せばはじめからチェックされている項目が最適化される。
とりあえずそのまま最適化で大丈夫。

 

個別に最適化したい場合は、右にある [ 最適化を実行 ] ボタンをそれぞれ押せばOK。

設定タブには、定期的に自動最適化をしてくれる項目もあるけれど、ベータ版らしいのでお好みで。

これでデータベースの下準備は完了。

 

2:バックアップ

 

2 - 1: UpdraftPlus インストール

ダッシュボード > プラグイン - 新規追加 [ UpdraftPlus ]

メニューの場所
ダッシュボード - 設定 > UpdraftPlus Backups

 

2 - 2:バックアップのスケジュール

ダッシュボード - 設定 > UpdraftPlus Backups  - 設定

ファイルとデータベースのバックアップスケジュールをそれぞれ指定できる。
(今回は手動)

 

2 - 3:保存先を選ぶ

保存先はさまざまなクラウドストレージサービスに対応しています。
今回は Google Drive を指定。

 

下を見ると注意書きが。

「Google で承認」という項目がありますが、よく読むと
「あなたは(下の[変更を保存]をクリックして)、設定を保存した後、一度戻ってここに来るとGoogleを使用して認証を完了するには、このリンクをクリックしてください。」

ここで Google 承認する前に、まず下の [ 変更を保存 ] ボタン押せってことですね。

 

2 - 4:変更の保存

バックアップするファイル

  • プラグイン
  • テーマ
  • アップロードファイル
  • 他のディレクトリ

を指定できますが、これもチェックしたままで。

 

2 - 5:クラウドサービスの承認

保存が終わったら、今度は承認です。
先ほどの承認リンクのところまで戻り、別サイトに飛んで [ 許可 ]

 

[ Complets setup ] をクリック。

 

一番初めの画面に戻って「成功:Google・・・」と表示されていればOK。
念のため「設定」に戻って、ちゃんと指定したドライブが選択されているか確認。

 

2 - 6:バックアップ

管理画面の [今すぐバックアップ] をクリック。

 

確認画面が表示されるので [今すぐバックアップ] をクリック。

 

バックアップが開始されしばらくすると終了です。

 

Google ドライブで確認すると

UpdraftPlus というフォルダが作成されてその中に5つのファイルが作られていました。

 

2 - 7 :復元

[復元] ボタンをクリックすると、

  • プラグイン
  • テーマ
  • アップロードファイル
  • その他
  • データベース

どれを復元するか選べるので、その時時に応じて復元すればいい。


バックアップするファイル、復元するファイルをそれぞれ選べたり、スケジュールで自動バックアップ、しかも保存先がクラウドストレージサービス対応。
これで無料なのだから文句の言い様がない。

phpMyAdmin を使用したバックアップの記事はこちら

スポンサーリンク

Jetpack の「サイト統計情報」は複数のサイトのおおよそのアクセスを一覧するのにとてもわかりやすいので使っているのですが、先日サイトの中の一つに突然 Jetpack の「サイト統計情報」に元サイトとの連携が外れたとエラーが表示される。

ダッシュボード > Jetpack
連携できていない時はここで「連携」ボタンを押せば解決するはずなのだけれど、今回はこんなメッセージが

エラー詳細: The Jetpack server could not communicate with your site's XML-RPC URL. If you have the W3 Total Cash Plugin installed, deactivate W3 Total Cache, try to Connect to WordPress.com again, reactivate W3 Total Cache, then clear W3 Total Cash's cache.

エラー詳細: The Jetpack server could not communicate with your site's XML-RPC URLどうやら、以前入れていたプラグイン W3 Total Cash のデータが残っていて、それがきっかけで連携できないかもよ、ってことらしいです。
確かに以前 W3 Total Cash を使用していたのですが、そのサイトには必要性を感じずに削除したんです。
W3 Total Cache
なんか昔の彼女が忘れていったピアスを今の彼女に見つけられて大変なことになっちゃった感じですね。

で、調べたら結構ありました。

ネットでよく書かれている対処法

  1. W3 Total Cash を有効にして(又は再度インストールして)General Control にある enable チェックボックスをすべて外す。
  2. セーブする
  3. アンインストール
  4. サーバー(...wp-content/plugins)にアクセスし、残っているファイルを手動で削除

検索すると、どのサイトもこのやり方が書かれているのですが、ウチの場合何度試しても状況は改善されず、上記のエラーが表示され連携は完了しません。

結局、効果があった方法

Jetpack そのものを削除して再度インストール

これだけでOKでした。

設定はリセットされているので再度設定しなおして完了。
エラー内容が W3 Total Cash のことを具体的に書いてあったので、まさか Jetpack の方に問題があるとは思わなかった。

Connect Jetpack to WordPress

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。