bitnami をローカル環境で使用していると、どうしても複数の WordPress をインストールしたくなる。

意外と簡単に出来たのでメモ。

すでに bitnami をインストールしているものとして進めます。

データベースの作成

phpMyadmin にアクセス
http://localhost:8080/phpmyadmin/
でもいいし
bitnami-bitnami Application Managerbitnami Application Manager にある上から2つ目のボタンからでも入れる

移動すると、ユーザー名とパスワードを聞かれるので

ユーザー名は root
パスワードは bitnami をインストール時 [setup] で設定したパスワード

上に並ぶメニューから [データベース] を選びphpmyadmin-new-db-createデータベースを作成する
最初にインストールした bitnami 用の WordPress のデータベース名は
bitnami_wordpress という名前で作成されているので、この名前以外ならば何でもOK
(できれば bitnami_xxx は使用しないほうがわかりやすい)

今回は blog2 としてみる。

[作成] をクリックすると

new-db新しくデータベースが作成されている。

新しい WordPress のインストール

https://ja.wordpress.org/ で最新版のWordPress をダウンロード

アプリケーションフォルダに

アプリケーション > wordpress-4.x.x-0

というフォルダが作成されているはず。

そのフォルダを辿って行くと
/Applications/wordpress-4.x.x-0/apps/wordpress/htdocs/
(ここにはすでに最初に作った WordPress のファイルが作成されている)
この htdocs に解凍した WordPressフォルダを移動させる。
この時フォルダ名を WordPress から他の名前に変更したほうがわかりやすいので、今回はデータベースと同じ blog2 にてみた。

そこまで準備が整ったら
http://localhost:8080/wordpress/blog2/
へ移動する。

そうすると、自動的に新しい WordPress のセットアップ画面へ移動するので
wordpress-setup[さあ、始めましょう!] をクリック

bitnami-wp-install

データベースの設定画面に移動するので、詳細を入力。

1:blog2
2:root
3: [setup] で設定したパスワード
4:変更せず
5:変更せず

これでインストール完了。

phpmyadmin-new-db-tablephpMyAdmin へ再度行ってみると、新しいデータベースの中にテーブルが作成されている。

簡単でした。
テスト環境なので、何度でも作ったり消したりして、試せます。
さらに増やしたい場合も
Applications/wordpress-4.x.x-0/apps/wordpress/htdocs/
この場所に WordPress フォルダを入れて、新しいデータベースを作成するだけ。このあたりは XAMPP や MAMP と変わらないと思います。

パーマリンクの設定

blog1 と blog2 のパーマリンクの指定方法が同じ(インストールしたままの状態)だと blog2 の記事を表示しようとしたときに、blog1 の中で404エラーが表示される事があった。
パーマリンクをそれぞれ違うものにしたら問題は解消された。

色々考えればアタリマエのことかもしれないけど、今回は別々のものを指定したらエラーなく表示されたのでよしとする。

 

先日 bitnami をインストールしてみたら、All-in-One WP Migration というプラグインが一緒にインストールされていたので調べてみると、どうやらWPをデータベースごとエクスポート&インポートしてくださるらいしい。
今までデータベースの移行はMySQL をいじって・・・、と面倒だったのが、かなりお手軽になる模様。

このプラグインを作っている会社
https://servmask.com/

無料版の場合は、アップロードファイルサイズ 512MB という制限を受けるが、テストサイトをローカルで作成して、テーマなどを弄り数個の記事を書いてからレンタルサーバーに移行、なんて使い方には十分だ。

また、エクスポートしたファイルをクラウドサービス(Amazon S3やDropbox)にバックアップする場合や、512MBのサイズ制限を外したい場合、エクステンションを購入することで可能になる。
価格は59$〜79$(2015/09/25現在)
利便性を考えたらお安い値段と思う。

インストール

ダッシュボード > プラグイン > 新規追加
で "All-in-One WP Migration" を検索してインストール。

インストールして有効化すると
All-in-One WP Migration DashboardAll-in-One WP Migration というメニューが表示される。

エクスポート

ダッシュボード > All-in-One WP Migration > Export
All-in-One WP Migration exportそのままいじらなければ 「まるっとそのまんま」エクスポートする。
この時データベース内のメールアドレス等を変更したい場合などは、検索置き換えで指定する。[ +ADD ] ボタンで検索置き換え項目の追加が可能。

Advanced options はエクスポートの対象から外すことができる項目のリストが表示される。例えば media library を対象から外し、あとで FTP ソフトなどで手動で移動すれば 512MB の制限に引っかからなくてすむ、のかな?(ためしてないけど)

後は EXPORT TO - のところで FILE を選択すればダウンロードが始まる。
All-in-One WP Migration export2

All-in-One WP Migration export3ダウンロードすると .wpress という拡張子のファイルが作成されている。
今回はこんな感じ、小さな画像の入ったダミー記事を2つ書いただけなので 53MB となっております。
localhost-wordpress-20150925-081256-446.wpress

ダウンロード時の制限はないみたいだけれど、インポートするときのファイルサイズには 512MB という制限があるので注意。それ以上大きなファイルは有償。

ファイルのインポート

レンタルサーバーや他のローカル環境でもいいので All-in-One WP Migration が動くWPを用意する(WPのVer3.3以降)

※この時インポートとエクスポート両方のデータベースのPHPバージョンを揃えておくこと。場合によってはうまく読み込めない場合もある。

ダッシュボード > All-in-One WP Migration > Import
All-in-One WP Migration import点線の枠の中にダウンロードしたファイルをファイルを ドラッグ・アンド・ドロップ。

All-in-One WP Migration Loading読み込みが始まり・・・。

All-in-One WP Migration Loading2[ CONTINU ] ボタン押したら上書き完了しちゃうからデータベースのバックアップとったか確認してね。と注意が表示されるので、確認したら [ CONTINU ]

All-in-One WP Migration Loading3インポートの完了。

これですべて完了。
ものすごい簡単です。はじめデータベースの検索置き換えで元サイトと、新しいサイトのアドレスぐらい入れなきゃいけないかなと思って
http://localhost:8080/wordpress/

http://example.com
を置き換えていたけれど、それすらも自動でやってくれるのでとても楽です。
けれど、PHP などを使ってサイドバーにファイルを読み込ませている場合は、置き換えなければ動かないようです。

しかしプラグインもそのまんま移動できるので、テスト環境で色々試してから移行するには、これものすごく便利だわ。

作ってくれた人々ありがとう。


追記:2016-03-10

All-in-One WP Migration でデータをインポートしてみたら固定ページだけ「Not Found」が表示されてしまった。
(投稿ページは普通に読み込んでくれた)

はじめは All-in-One WP Migration での設定ミスかと思ったんだけれど、どうやらキャッシュ系のプラグインがダメだったらしい。
今回は MO Cache がひっかかっていた。

これをオフにしたらちゃんと読み込んでくれました。
パーマリンクなんかもいじらずにすんだからよかった。

エクスポートするときにはあらかじめキャッシュ系のプラグインはオフにしておいたほうが良いです。