コンテンツへスキップ

今回プラグインを利用してバックアップを取るのですが、インストールするプラグインは2つ

1:WP-Optimize(データベースの最適化)
2:UpdraftPlus(バックアップ)

両方共同じ所が作っているみたいなので、プラグインの新規追加画面でいっしょにでてくるかもしれません。

 

1:データベースの最適化

長く使えば、不要なファイルも知らないあいだに増えていしまいます。
まずは WP-Optimize というプラグインでデータベースの最適化。

 

1 -1:WP-Optimize インストール

ダッシュボード - プラグイン > 新規追加 [ WP-Optimize ]

メニューの場所
ダッシュボード - WP-Optimize

 

1 - 2:最適化

有難いことに設定画面は日本語です。

[ Run all selected optimizations ] というボタンがあるので、それを押せばはじめからチェックされている項目が最適化される。
とりあえずそのまま最適化で大丈夫。

 

個別に最適化したい場合は、右にある [ 最適化を実行 ] ボタンをそれぞれ押せばOK。

設定タブには、定期的に自動最適化をしてくれる項目もあるけれど、ベータ版らしいのでお好みで。

これでデータベースの下準備は完了。

 

2:バックアップ

 

2 - 1: UpdraftPlus インストール

ダッシュボード > プラグイン - 新規追加 [ UpdraftPlus ]

メニューの場所
ダッシュボード - 設定 > UpdraftPlus Backups

 

2 - 2:バックアップのスケジュール

ダッシュボード - 設定 > UpdraftPlus Backups  - 設定

ファイルとデータベースのバックアップスケジュールをそれぞれ指定できる。
(今回は手動)

 

2 - 3:保存先を選ぶ

保存先はさまざまなクラウドストレージサービスに対応しています。
今回は Google Drive を指定。

 

下を見ると注意書きが。

「Google で承認」という項目がありますが、よく読むと
「あなたは(下の[変更を保存]をクリックして)、設定を保存した後、一度戻ってここに来るとGoogleを使用して認証を完了するには、このリンクをクリックしてください。」

ここで Google 承認する前に、まず下の [ 変更を保存 ] ボタン押せってことですね。

 

2 - 4:変更の保存

バックアップするファイル

  • プラグイン
  • テーマ
  • アップロードファイル
  • 他のディレクトリ

を指定できますが、これもチェックしたままで。

 

2 - 5:クラウドサービスの承認

保存が終わったら、今度は承認です。
先ほどの承認リンクのところまで戻り、別サイトに飛んで [ 許可 ]

 

[ Complets setup ] をクリック。

 

一番初めの画面に戻って「成功:Google・・・」と表示されていればOK。
念のため「設定」に戻って、ちゃんと指定したドライブが選択されているか確認。

 

2 - 6:バックアップ

管理画面の [今すぐバックアップ] をクリック。

 

確認画面が表示されるので [今すぐバックアップ] をクリック。

 

バックアップが開始されしばらくすると終了です。

 

Google ドライブで確認すると

UpdraftPlus というフォルダが作成されてその中に5つのファイルが作られていました。

 

2 - 7 :復元

[復元] ボタンをクリックすると、

  • プラグイン
  • テーマ
  • アップロードファイル
  • その他
  • データベース

どれを復元するか選べるので、その時時に応じて復元すればいい。


バックアップするファイル、復元するファイルをそれぞれ選べたり、スケジュールで自動バックアップ、しかも保存先がクラウドストレージサービス対応。
これで無料なのだから文句の言い様がない。

phpMyAdmin を使用したバックアップの記事はこちら

スポンサーリンク

1

WordPress のバックアップは、プラグインで行う方法と、サーバ上にある phpMyAdmin からデータベースを入出力する方法があります。今回は phpMyAdmin からするバックアップのメモ。

phpMyAdmin から操作するのは、ちょっと怖い気もするけれど、意外と簡単です。

実行時のバージョン : phpMyAdmin Ver.4.4.15.9 (MySQL5.7)


エクスポート(バックアップ)

まずは、サーバーパネルからphpMyAdmin へ入ります

サーバーパネル > データベース - phpmyadmin(MySQL5.7)

 

Xserver database

MySQL データベースの「ユーザー名」と「パスワード」を入力する欄が出てくるので入力する。

ユーザー名とパスワード、WordPress で使用しているデータベース名がわからない時は、wp-config.php の中で、22行目辺りに書かれているので参照する。
domain > public_html > wordpress(名前は任意)> wp-config.php

今回の場合は
MySQL データベースのユーザー名:user_1
MySQL データベースのパスワード:123456

 

phpMyadmin db list

phpMyAdmin の中に入り、サイドバーにある自分のデータベースをクリック。

 

phpMyadmin db list 2

すると、データベースの一覧が表示される。
(データベースを一つしか作っていない時は、1つしか表示されない)

 

phpMyadmin panel

今回は「db_2」というデータベースのバックアップ。
db_2 の中には、WordPress をインストールすると作成されるテーブルが、ズラリと並んでいます。

 

phpmyadmin export

左から5つ目のタブにある「エクスポート」をクリック。

設定はそのままで「実行」

保存先に db_2.sql というファイルが作成されている。

これでバックアップは完了。

簡単です。

しかし、あくまでこれはデータベースだけなので、WordPressをインストールしたディレクトリにある
WordPress 本体も一緒にバックアップすること!
写真やプラグイン、テーマなどは保存されていません。

 

インポート(復元)

今度は、出力したファイルを読み込みデータを復元します。
インポートの時は、まずそのデータベースの中にあるテーブルを削除して、データベースの中を空にしておく必要があります。

 

phpmyadmin table delete

インポートしたいデータベース名(今回はdb_2)をクリックしテーブルを表示させます。

左下にある(すべてをチェックする)ボタンをチェック。

右端にあるプルダウンメニューの「削除」を選択。

 

phpmyadmin table delete check

削除してもいいのか、念を押してくるので「はい」を選択。

 

phpmyadmin table delete complete

削除終了。

 

phpmyadmin no table

データベースのなかにテーブルが何もない状態にしておきます。

 

phpmyadmin import

この状態で「インポート」を選択。

インポートするファイルを参照したら後はとくに設定はいじらずに「実行」

 

phpmyadmin import complete

すると正常に読み込まれ、インポート完了。

サイトを表示して確認。

 

注意点

インポートするときに、テーブルを全部削除しなければならないので、ここでデータベース名を間違えてしまうと大変なことになります。
必ずデータベースの名前を確認!

 

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。